情報商材、高額塾、無料オファーの批判をされる側とする側について。 - ネットビジネス、情報商材で稼ぐ為の「基礎知識」と「間違いだらけ知識」マネースタイル【Money-style】 

情報商材、高額塾、無料オファーの批判をされる側とする側について。

勇人です(^^ゝ



いつも購読有難うございます。





さて、本日は、

インターネットビジネスにおける

誹謗中傷に関して記事を書いてみたいと思います。


実は僕のコンサル生からも何度もメールを

頂く内容でもあるのです。


情報商材の批判 誹謗中傷について






実はここ最近、

ネットの誹謗中傷が目立ちつつあります。





僕のコンサル生でも

ローンチなどに登場されている人も居るのですが

その中から いきなり批判されたという声もあり、

「何とかしたい」という相談をもらう事もあります。





逆に実際に、そういった批判を書いてる人からも

「削除要請が届いた」という話もあるのです。





そこで今回は、これらの問題で書く側の視点と

書かれる側の視点を意識して書いてみます。


情報商材の批判を書く






誹謗中傷に関しては、本当に様々です。

根拠のないものを書く人も居れば、

根拠のある事を書く人も居ます。





僕のサイトでは、露骨な批判や否定はしませんが

憶測だけで詐欺だと決めつける事はいけないです。





しかし一般社会でいえば

この情報商材業界が詐欺業界と

思われている事実があります。



そういう業界でも 一生懸命のサポートをして

一生懸命 コンテンツを作成している人が居る事も

事実そのものです。




誰もが自分の商品は、美味しいとか完成度が

高いとか 自惚れを起こす事もありますし、

その逆で 他人のものは必要以上に 美味しくなく感じるものです。





このように、人により味覚の違いと同じで

商品の良い悪いと感じる事は、千差万別です。



商品だけの価値を見ようとしても、

誰のものなのか?

どこでどのように見たのか?

これによって価値観が大きく変わるのです。



幾ら美味しいレストランに行っても

雰囲気が悪いとか、行く人が悪いと不味いとかんsjひt




根拠があって良いと思う、

根拠があって悪いと思う






という事は、民主主義の国家において

個人の感想を述べる事は何も悪い事ではないのです。


怪しい物を怪しいと根拠があるなら、

しっかり提示して感想を添える事は悪くないし

書かれた側は、その点において、

自らの行いと照らし合わせて解決に向けて

改善を考える事で より良いものができると思います。


批判される側について



ネットの世界に限らず、リアルの世界では、

例えば、飲食店でもサービスが悪ければ

文句も言われるし、例えば大手のソフトバンクなどの

会社が「儲かる情報商材」などと、WEB上に広告を

打ち出す事によって、批判の声が殺到しても

当たり前です。





理由は、「そのような広告や商品を打ち出したから」です。





僕の見解から言うと、

「文句の言えないものを出していれば批判は賞賛に変わる」という事です。





煙の無い所には火が立たない。





ということです。







この業界は、確かに怪しいもの多いですね~本当に(^^





でも、この業界でしか学べない事も多いです。






ただ、一般人との価値観と、

ネットビジネスで稼ぎたい人の価値観は、

大きく違うという事なのです。



この辺は、どこまでいこうと平行線です。



どちらの相談にも回答した事は、

批判される側には、

「批判されている事を受け止めて改善すれば良い」


という事と、

批判している人については、

「削除要請が届いて内容が納得できるなら消す 

納得いかないなら消さない」






これだけです。







僕としては、どうでも良い事ですが、

現実世界で考えると、大企業というものは

国民に支えれているものです。





国民を敵に回した企業が残ったケースは、ありません。





しかし情報商材業界は、

一部の消費者にだけ支えられているので

ごく一部に支えられているだけで、

十分に稼いでいくことが可能です。




また指示される理由は、国民の強い願望のニーズに

あっているというだけです。


「お金が稼ぎたい」 これだけです。





情報商材の業界で、

幾ら稼いでいても、幾ら実績があっても

世間では認められる事など無いのです。







ただ、認められようと認められまいと

幾らでもお金を稼げてしまうものこそが

このネットビジネスや、アフィリエイト業界なのです。






だからこそ学歴やスキルや資格などが必要な

現実的なビジネスと比較すると、例えばアフィリエイトに関しては

ブログを書いたり操作できれば、報酬を稼げるのです。







また現実世界では、敷居の高い、

不動産投資、株式投資などで利益を得る方法もありますが

大金を持っている人ほど有利で、お金が無い人ほど

失敗に終わります。





しかし、アフィリエイトというものは、

お金が無くても サイトやブログで仕組みを作るだけで

実際に、作業を殆どしなくても、お金が入り続ける仕組みを

作る事ができるのです。



僕が教えている、この 資産構築型の講座でも教えている通りです。


自分で勉強してスキルや知識を身に付ければ
幾らでも資産になるサイトは、自分で作れるのです。


それも投資のように何万円もするような株を買わなくても。


せいぜいサーバーとドメインでも1つの維持費に
500円~600円もあれば十分なのです。



長期的な収入を稼ぐには?



リアルでの金儲けビジネスを考えると その敷居の低さは、
まさに天下一品と言えるでしょう。


それでは、勇人でした(^^ゝ



本日の2記事目はこちらです。

ここも必ず読んで下さいね~

ステルス式リストマーケティング(検索エンジンにビビらず稼ぐ方法)

Genre:ビジネス|Thread:ネットビジネスコメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © ネットビジネス、情報商材で稼ぐ為の「基礎知識」と「間違いだらけ知識」マネースタイル【Money-style】  All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます