海外旅行にも課税される出国税…一体どこまで国民から税金撤収するの? - ネットビジネス、情報商材で稼ぐ為の「基礎知識」と「間違いだらけ知識」マネースタイル【Money-style】 

海外旅行にも課税される出国税…一体どこまで国民から税金撤収するの?

勇人です(^^ゝ



いつも購読有り難うございます。



ちょうど先日も話題になったのですが今日のテーマは、海外への出国税です。

課税大国でも2位の日本ですが、だんだん住んでいる事が怖くなってきました。


海外旅行でも税金が課税される?






もはやとんでもない話です。



2015年の7月1日には、出国税と称して「国外転出時課税制度」が始まりました。





例えば僕が1億円以上の株などを持っている場合は、日本を出る時にはその1億円を売却したもとして税金を取るというものです。





一部の間で海外に移動して税金対策というものも流行ましたが今では厳しい話になってきています。





年間1億円とかあった場合には、税金で半分以上もっていかれます。





僕の場合は、会社の利益と個人の利益で実質分けていますので法人税と個人の所得税という形で支払います。


それでも 毎月のように 社会保険や住民税などを考えると、それだけでも7桁近くとんでいきます。



ただ生活しているだけ…ですよ?



本当に信じられません。



収入が多いから当たり前かもしれませんが、考えると本当に おかしな仕組みだなとしか思えません。



そして今度は観光事業強化も踏まえて 海外出国時単位で課税しよう…とか。




単純に税金が必要ない国で株式売却をして税金逃れを防ぐ事が目的ですが、「一体日本は、 僕達から どれだけ絞り取るのだろう?」と恐怖すら感じます。


税金の使い道や おかしな課税大国





尚、税金の種類は 国税で25種類、地方税では、26種類の税金があると言われています。


これだけでも凄いですね。


よく考えたものだと感心してしまいます。



そして もう一点は、公務員の平均年収は、日本は第一位みたいです。



平均年収だけ見ると800万円台で、その下が確か、400万園台だったと思います。



税金が安い国よりも公務員の年収が良くて税金が世界で2番目に多いのです。



ちなみに課税大国1位は、インド諸島の南端にあるアルバという所で オランダ諸島のようですが法人税28%、最小所得税7%、売上げ税は、総売上高の1.5%に加えて最大所得税58.95%という税率です。




この次に日本が君臨。



もちろん税金や保険料の撤収をして 日本が住みよい国になる事は、願うばかりですので、税金を払う事は良いですが、どうも今の日本を見ていると、無駄使いばかりで、本当に納得できない部分が多いです。


確かに 海外に行くと、日本って便利な国のように感じる時も多々あるのですが、今後、海外旅行でも税金が課税されると考えると、もう本当に
どこか遠くの国にでも逃げたい気持ちで一杯です。



そう言えば…ですが 少し神龍無双の質問を頂いたので軽く書いておきます。


PS 神龍無双に関して。






先日も案内した神龍無双ですが

幾つか質問を頂いたので軽く説明を…。


http://coruna.biz/page6/20170720150527.html


まず僕の考えとしては、作る感覚もマスターせずに

終わって欲しくない事から、今回の自動化の仕組みを

イメージして貰う為に、ちゃんと、作る、感覚を覚えて貰うという

工程も含めています。





教材渡して、「ハイ終わり」みたいなものでは、御座いません。


確かにビビる気持ちも分かりますよ(^^

でも 僕が教える方法や考え方は、一味も二味も違う筈です。


今の所公開しているSTA講座でも放置型資産サイトを増やしている人も多く出てきているのですが、今回も同様に自動収入の仕組み作りを「元から自動サイトの神龍」を使って展開していく為の講座です。




神龍無双 オートパイロットサイト構築講座


別に誰が参加しようと 参加しまいとどうでも良いけど、もっとみんな自信を持つとか 夢を持つとかして、行動して、掴み取って欲しいです。


欲しいものが どんどん手に入ると考えも思考も変わりますし、本当に毎日が楽しく、自分にも自信を持てるようになるはずです。


どちらにしても終了してしまった際には、次回募集までお待ち下さいね。



神龍無双 オートパイロットサイト構築講座

それでは勇人でした(^^ゝ

Genre:就職・お仕事|Thread:ひとりごとコメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © ネットビジネス、情報商材で稼ぐ為の「基礎知識」と「間違いだらけ知識」マネースタイル【Money-style】  All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます