FC2ブログ

アフィリエイト業界のステマの話題「ステルスマーケティング」 - ネットビジネス、情報商材で稼ぐ為の「基礎知識」と「間違いだらけ知識」マネースタイル【Money-style】 

アフィリエイト業界のステマの話題「ステルスマーケティング」

勇人です(^^ゝ



Yahoo!のニュースでアフィリエイト業界の「ステマ」が話題になっていました。

株式会社フライという会社のいろはに青汁というサイトと連携していた、インスタグラムアカウントが、なんでもアカウントを運用していた女の子のサクラ仕事の愚痴で発覚したようです。

ネットビジネス業界では、非常に多いですが、今回は、最終的に「フォロワーの愚痴混じりのツイート」という事もあるので癖が悪いです。

運営側も使う人間は、選ぶ方が良いなと感じましたね。


まだ、ステマだけならともかく、そのアカウントを取り巻くフォロワーまでもが嫌な思いをしたわけですから。

ネットビジネス業界のステマ手法とは?



実は、先日も僕の所には、今日と昨日でこのように成果報告のメールを頂いたりします。

image240.gif


ここ最近のものですが参加者が少ない割に、神龍無双で伸びる人が増えてきて本当に嬉しい限りです。

神龍を取り組んでいる人は、例外なく神龍無双を取り組むべきです。

「自動系サイトでありながら合理的」な唯一のジャンルですからね(^^ゝ

とくに自動系のものは、今までのネット系のノウハウを見ても殆どありません。

逆にこのように、取り組めるものは、やらないより やっている人がプラスになると僕は、思います。

神龍無双は、こちら




と、このような話の流れで、ステマというのは、例えばこのように (これは本当の話ですが) 無いような声や感想を一般人を装って書き込んだりする方法です。

よく使われるものは、掲示板などがその一つです。

自作自演の書き込みなど一時期は、口コミレビューが流行った時期もありますので自作自演で、買いました⇒稼げました というものは、非常に多かったです。


ただ今でも ビジネス系や情報商材系でも一部あるようですが、このような手に乗る人は、ほんの一部でしょう。

長々と信憑性の高い事を情報商材を購入して書くかどうか?です。

流行りだした時は、そういうサイトが乱立したのですが、「そんなに書き込みする人居るの?」と疑問以外ありませんでしたから。


美容系、ダイエット系のステマとは?


美容やダイエット系もその類です。



痩せましたとか、良かったですとか、一般的に考えてアマゾンの評価や感想を書くのも面倒臭い話なのに そんな掲示板で書き込みをする人が どの程度居るかを考えると良いと思います。

ただ今回のような事例は、SNSを基盤としてフォロワーを増やしながら ダイエット記録という形で過程を公開して痩せるシーンを見せていくという方法でした。

確かにリアリティのある手法ですが誘導など無しで、コメントや質問があれば、検索キーワードで誘導する為にSEOとしても強くなるのです。

「このキーワードで検索して」
と、自社サイトが1位に出て来るキーワードを教える事で、しっかり読まれてSEOにも強い効果が出るということです。

表に出ていませんが、アフィリエイト絡みのものは、ステマは、非常に多いです。

今では、美容系など一般の人を取り囲むものでは、よく見受けられます


信憑性を持たせる為のステマ



どのジャンルでも信憑性を持たせる為には、自作自演と思わせない事が大事です。

例えば、書き込むであろう理由が推測できる という状態なら信憑性が高くなります。

例えばキャッシュバックレビューや、ポイント還元のレビューです。

見る側も、「それが狙いで書いているのだな」と認識するからです。

大事な事は、ステマかもしれない、嘘かもしれないと思われる事なので、あえて書き込みする理由を明確にしたコンテンツサイトならば、その書き込みに信憑性が出てくるというところですね。

もちろん、これを狙ってあたかもポイント還元やキャッシュバックを演出するサイトもありますので、一概には、言えませんしアマゾンなどの大手モールでも「自己買い」をして自社の書籍の評価を高めようとする人は、非常に多いのです。

とくに情報商材業界の人達は、まさにそれです。


ただサイト作りでも、「反応を高めたい」となると、ステマ紛いの行為は、どうしても出てくる事が多いです。


ただ、それらが全て 全く価値ないものに価値を見いだしているというわけでもありません。

一般的に、美容関係のものであれば、完全なまがい物を販売する行為は、販売元が自らの首を絞める事にも繋がります。

一定基準の商品で、同時に多数の方が購入してもクレームの起きないものが殆どです。

購入して健康被害などがあれば、すぐに消費者庁などが動きますから。


確かに広告宣伝となってしまうと自分達の商品を良く見せたいと思うものです。

アフィリエイトする商品一つとっても言える事です。

ただ、販売者か紹介する側かだけの違いで、どちらも利益重視だからこそ起きる問題です。


「他人を蹴落としてでも…」という動きも、その一つです。


現実世界でも、揚げ玉のように挙げられる事がありますが まさに「消してしまえ」と同じなのです。

何かの流通価格が減少すれば、他のものの流通価格に上乗せされる傾向が強いからです。


様々な手口があるものですが、どちらにしても評判、評価、感想を見る時でも 鵜呑みにし過ぎない事です。

ものや商品、サービスの質というものもありますが、 価値感というものもありますので、最終的には、自分で判断する事が大切です。




それでは、勇人でした(^^ゝ

コメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © ネットビジネス、情報商材で稼ぐ為の「基礎知識」と「間違いだらけ知識」マネースタイル【Money-style】  All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます