LINE@ICシステム 松井澤「LINEを使った投資関係の配信情報?」 - ネットビジネス、情報商材で稼ぐ為の「基礎知識」と「間違いだらけ知識」マネースタイル【Money-style】 

LINE@ICシステム 松井澤「LINEを使った投資関係の配信情報?」

勇人です(^^ゝ



いつも購読有り難うございます。


実は、先日少し質問を頂いていた商品について少し触れてみたいと思います。


LINE関係のものは、ここ最近色々と購入してますので今回も、マーケティングに役立つもののようなイメージを持って見たのですが、結果的にはガッカリでした。


LINE@ICシステム




販売者 松井澤

http://b-ic.biz/lineic/subs/

特定商法に関する表示に住所記載なし。 名称は、LINE@ICシステム運営事務局


教えて頂いて僕も動画を見たのですが 完全に何がやりたいのか 良く分かりません。



この松井という人のコミュニティサイトでは、凄い儲け話があるそうですが、それとは別にLINE@ICシステムというものを使えばお金が稼げるそうです。


メールを登録するとクレジットカード認証が無料と書いてる為に登録を要請してきたり マーケティング目線で見ると疑問しか残りません。


また44分にも及び長時間の動画ですが、最後まで再生する気になりませんでしたが 所々を摘まむ事で何となく分かりました。

登録してみようか⇒クレカ認証画面 という流れは、かなり際どい流れです。

僕の場合、内容以前にこの手の手法を使う行為で、「信用できない」となってしまいます。

恐らく殆どの人が、抵抗を感じた筈。

そして疑問に感じてメールをして下さったのだと思うのですが、結論から言いますと、僕は、怖いと感じました。



だいたいこのLINE@LCシステムは、2週間無料で使えるという話ですが、2週間後にクレジットカードで販売を行えば済む話です。
にも関わらず無料で使えると言いながらも最初にクレジットカードを事前登録しないといけない仕様です。


確かに、仕掛ける側としては、先に登録させておきつつ、ちょうど2週間直前にアピールを強めれば良いとか、解除忘れを念願に先に登録させる手法は、稀に見る手口ですが、消費者心理を優先して考えれば、不親切です。



自信があるものなら、2週間後にオファー用のページを用意して申し込んで貰えれば良いと思いませんか?

最初に登録したメールアドレスを登録してからクレジット画面になりますので、カード登録をしなくてもメールアドレスは登録された状態になります。

いきなりクレジットカードの登録画面の次は登録へ誘導するメールが届く。




メールアドレス登録後には、このようにメールが届きます。

image445.gif



特商法表記を見ても住所も把握できないのにクレジットカード登録とか、僕なら恐ろしくてできません。


途中では、お金は、不要だと余裕もった言葉を出ししている場面もありながらも、「利用料2万円」なんて話を切り出している部分は、少し疑問を感じました。


LINEと言えば、確かにマーケティングツールとして、非常に有効ですし最初は、何かLINEを使った集客ツールかと思ったのですが 今度は、ブックメーカーの話に変わり始めました。



https://www.youtube.com/watch?time_continue=1416&v=9EMHUteNINY



良く分かりませんが、話を要約すると、LINE@ICシステムは、ブックメーカー等の予想をLINEで配信するというもののようです。

つまりツールでは、ありません。

動画に出てくる実績に関しても数字は、実績らしいですが、全てエクセルファイルですので 何とも分からない部分がありますね。


僕の感想は…と言うと、、「信じてやってみよう」という気が湧かないし湧く人の神経が理解できません。

確かに言われたように、ただ買うだけでお金が増えれば誰もが苦労しないものです。

いつも言う事ですが楽ばかり考えず、急がば回れという言葉があるように、ネットビジネスで稼ぐには、近道ばかりを追い求めてもうまくいきません。

どう考えても一般的には、有り得ない話で、そんな簡単にスキルも知識も身に付けず情報を得るだけで稼げるなどという話は、存在しないのです。


これは、是非覚えておいて欲しいところですし、実際に僕が主催するSTA講座などでも伸びている方も多いのですけど、この手の楽そうで、上手すぎる話に期待を抱く人の、99%以上大きな結果を得るのは、無理だと思います。


以前から言うように即金的なもの、労働型のものは今後ますます厳しくなる傾向が出てきます。

これは、「そういうものが増えている傾向」を見ても分かる話ですし 今のネット業界の人達が何をやっているか?を考えて理論的な答えを出すなら、労働型のものは、厳しくなり、販売者はエスカレートして 次々に言葉や表現を変えて様々なノウハウを出してくるだろうけど、期待値の低下レベルは下がり切っているということです。



これは覚えておきましょう。


今後何に目を向けていくか。 そしてどう行動していくか。


空回りしないようにくれぐれも気を付けましょう。


勇人でした(^^ゝ


アパートやマンション収入並みのサイトを作る方法は、こちら


全自動で生きたようにアクセスと報酬を稼ぐサイトを作る方法

Genre:就職・お仕事|Thread:ひとりごとコメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © ネットビジネス、情報商材で稼ぐ為の「基礎知識」と「間違いだらけ知識」マネースタイル【Money-style】  All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます