検索結果で苦しむ人とネット起業家の削除要請…検索エンジンの除外は可能なのか。 - ネットビジネス、情報商材で稼ぐ為の「基礎知識」と「間違いだらけ知識」マネースタイル【Money-style】 

検索結果で苦しむ人とネット起業家の削除要請…検索エンジンの除外は可能なのか。

勇人です(^^ゝ



いつも購読有り難うございます。



ニュースをよく見てる人は、

多いと思いますが、ここ最近、検索結果が話題を呼んでいます。





「過去の犯罪歴」

「過去の悪評」




これらを検索結果に除外して欲しいという

裁判が行われたのですが、その結論は、「消す必要がない」でした。



検索結果削除は、認められない判決




そのニュースの内容は、


検索サイト大手・グーグルで、自分の名前を入力すると、

過去の逮捕歴などが表示されるのは人格権の侵害だとして、

男性がグーグル社に「検索結果」の削除を求めた仮処分申し立ての

抗告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1月31日、削除を

認めない決定をした。




というものです。





理由は、「男性の逮捕歴は公共の利害に関する」

という結論に至ったようです。


仮に名誉毀損などその他の要素を含んでいた場合でも


 ①摘示された事実が公共の利害に関するものであったこと(事実の公共性
 ②摘示の目的が専ら公益を図ることにあったこと(目的の公益性
 ③事実が真実であることの証明があったこと(真実性の証明


これらが揃えば、手も足も出ないのです。



しかし、永遠に…となると 確かに

反省して 乗り切ろうとしても、いつまでも

社会復帰できなくなります。





ただ、今回は犯罪から5年ほどという期間であり

尚且つ、「誰がどういう事をしたのか」という

逮捕や事件の事実を記録する程度の事であれば

公共の利害になるという判断でしょう。



そしてもう一つは、

その事実を書いたのは、検索エンジンではなく

あくまでも、報道機関や そのニュースを見て書いた人です。





つまり理由は、どうあれ、検索エンジンを運営する会社が

対応する必要があるか? という話もあるのでしょう。





ただ、実際、その前に

忘れられる権利というものが話題になりましたが

いわゆる、過去に同じく逮捕され、出所後も、

永遠につきまとい、仕事につけないという問題が出ていました。



この件に関しては、削除判決が出たというケースもあります。





結構、対象者の問題や、検索結果の内容の程度や

現在の状況など 色々な要素が入り交じり判決も千差万別のようです。



ただ、犯罪だけに止まらず、ネットの普及や 時には、

ビジネスとしても 様々な書き込みやコンテンツが増えているのが実情です。


もちろん このネットビジネス業界では、良く見受けられます。


情報商材やネットビジネス業界でも相次ぐ削除要請




あまり僕は、他人を著しくディスる事もありません。




もちろん こういった業界ですから、

中には、お互いを叩き合い、コケ下ろし合うという

風景は、よく見受けられます。







ディスられても知らないフリをしている人も居れば

ディスられて ディスり返すケースもあります。





僕は、インターネットという膨大な人口の中で

万人に良いように思われる事にさえ無理だと思うし

とくに自ら露出して活動していれば、ディスられる事が

あって当然なのです。





ディスる =批判や侮辱






ただ、「この事実は知っておくべくきだ」というものは

勿論、今後も取り上げるつもりです。

その変わり僕は、一度書けば、一生消しません。

裁判でも何があろうやります。


これはいかなる理由でも、一般人が怪しいと捉えられる部分に

ついて言及したり事実を書く行為は、業務妨害でも名誉毀損にも

該当しないという事なのです。






ただ、そういった叩き合いが、当たり前のような

市場の中で、動画に登場して高額オファーを

売るような人達は非常に浅はかだと思うのです。





よく相談を貰うのですが、

表に出て一時的にお金が稼げても、

オファーが終わった後、収入も無くなってしまい

金が尽きた頃に、嫌がらせか、それとも

商品が悪いのか分からないままに

批判記事まみれになるという問題が起こります。





ここには、価格に見合わないもので

その場の利益を重視して考えた行動の結果でしょう。







しかし必至に削除するも消されずに

お金を費やしてる人が居ます。







僕のコンサルクライアントでも

そういった塾や商品で悪い否定的な記事を

どうしても消したいという相談を貰う事もあります。







しかし現実問題、一筋縄では、いかないものです。







もちろん、そういう場合の対処方法もあるのですが、

動画に出て起業家面した 芸能界寄りの

情報発信よりも 表に出ずに 極力人と関わらず

お金を稼ぐ力を身に付ける事が一番です。







これには、何が大事かと言えば、

「WEBスキル」です。





ちょうどこの前も 7桁収入を目指す為に

放置型資産サイト作成講座を公開しました。







稼ぐノウハウを見て失敗する人は、

稼ぐ自分を鍛えれば取り組めば良いのです。





本講座では、売れる構成のサイトを作成し

そしてノウハウを落とし込んでいくという



「鍛える」「学ぶ」「稼ぐ」を目的とした講座です。





案の上、一瞬で幾つかのプランは、完売しましたが

どのプランも中身は、同じでサポート体制の違いだけです。





会う、話すとなると、もちろんプラス@を得られるのですが

もしも、稼ぐ力を身に付けたい! と思うなら是非読んでみて下さい。



放置型資産サイト作成講座を公開しました。



それでは、勇人でした(^^ゝ


Genre:就職・お仕事|Thread:ひとりごとコメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © ネットビジネス、情報商材で稼ぐ為の「基礎知識」と「間違いだらけ知識」マネースタイル【Money-style】  All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます