「一流になる方法」一流の収入と一流の稼ぎ方 - ネットビジネス、情報商材で稼ぐ為の「基礎知識」と「間違いだらけ知識」マネースタイル【Money-style】 

「一流になる方法」一流の収入と一流の稼ぎ方

勇人です(^^ゝ





いつも購読有り難うございます。



「一流になるためには、どうすれば良いか」



希にコンサルの時に話題にする事です。


一流というのは、どの程度かは、人により様々です。


どこに視点を充てるかで変わります。


ある人から見るとAさんは、一流に感じるかもしれませんが、
他の人から見ると一流とは感じないかもしれない。


何が一流かということについては、それぞれの方の判断になります。



よく勝ち組と負け組という言葉が使われますが、

年収1000万円以上の収入を得る人は全体の約4.9%と言われているので、

年収1000万円以下の人から見れば、1000万円以上の年収の人は、

勝ち組とか一流に属すると言われます。



ただ、年収2000万円、3000万円…それ以上の方からすれば

一流とは見えないものです。


また人間だけでなく、あらゆるものでも「一流」と定義されるものがあります。


一流の家
一流の車
一流の生活
一流の服
一流のバッグ



などなど

たまにコンサル生の方と会う時にフェラーリやポルシェで

出かける事があるのですが、車好きの人の場合、過剰な反応を示します。

そして「自分ももっと頑張らないと!」と刺激を受けてくれます(笑)



実際に、少し一緒に食事に出かけるだけで モチベーションが高まり

収入が増える人も数多く出ている事が現実にあります。

ノウハウも大事だけど、一流 と感じるものに手を触れる事は、

とても素晴らしい事だと思います。




ポルシェに関しては1000万円前後で購入したものなので

それほど一流と呼べるものではないですが、フェラーリに関しては

一応、車の中では、エリートで一流の部類に入るのでは、ないでしょうか?


少なからず、僕はそのように判断しています。


1度きりの人生であるにも関わらず、手にできない人も多いです。





この理由は、「一流の稼ぎ方を知らないから」です。



凄く単純な事で、お金を稼ぎ続けて一流の物を買うには、

それ相応の稼ぎ方を知らなければ、手に入れる事ができないのです。





一応、僕の感覚では、1000万円以上の車というのが

なんとなく一流に含まれて、2000万円以上が超一流という認識です。




1000万円以下のベンツやBMWなどは、まさに大衆車としか見えません。



この基準が、何かと言うと、自分の中で

1000万円以下の車なんて 気まぐれでも いつでも買える金額だからです。


逆に2000万以上となると、少し考えてしまいます。


これが僕の基準であり、 あなたも同様にそのような認識をお持ちではないですか?


自分の手の中に入り易いものには、一流と感じ無い。

しかし自分の手の届かない領域には、一流と感じる。



よく高額案件の動画でも 使われていたりしますね^^





酷い場合には、「わ」ナンバーのレンターかとか。





そんな車を いちいち借りてまで見せつける時点で、

業界の汚れにしか見えませんが ステージ的には、超低い典型と言えます。



なぜなら、そういった車をレンタルしてまで見せる事で、

読者の反応が取れると思っているからです。





では,一流の物を手にできるお金を積み上げる為には、

どのようにすれば良いのか。




順番に書いてみたいと思います。


一流の物を手に入れる方法




一流のものを手に入れるには

一流の道具 一流のノウハウ そして一流らしい行動を

しなければ 一流と呼べるだけのお金を手にすることができません。





2流のノウハウを学べば2流止まりですし

3流のノウハウを学んでも3流止まりです。






もちろん一流の定義は、人により様々です。





ただ、良いものには、お金が掛かるものです。





無料だから駄目とは言いませんし

ただ単に高ければ一流というわけでもありませんが

全ての製品には、制作工程で原価が掛かるものです。





つまり、どのようなものでも、

良い物を作る為には、コストが掛かるのです。







では、そういったものを手にするには、

勿論お金が必要となるのです。







そして、そのお金を稼ぐにしても

一流の道具を使って一流のノウハウやビジネスで

一流と呼べるお金を手にする事ができるのです。





これは非常に単純で、「ごもっとも」と言えるような話ですね。




一流の道具、一流のノウハウとは?



まず、一流の道具といえば

僕ら身近な物で言えばパソコンです。



スペックが低く壊れかけたパソコンなんかで

ビジネスが上手くいくはずがありません。





最低でも動作に支障がでるようなものも駄目だし、

短期で壊れるような ボロいパソコンも駄目です。






パソコンが壊れるとデーターが飛んだり

修復に無駄な時間を費やしたり、

悪影響しか生まれません。





良いパソコンを使えば

動作もスムーズで尚且つ 長く使えるので、

無駄な時間も消費しません。





他にもマウス一つにしても モニターにしても

パソコンのデスク、チェアー、そして仕事する環境、

全てにおいて良ければ良いほどストレスなく

仕事を快適に進められるものです。





さらに作業内容に進んでいきますと、

サイト作りのツールもそうです。





「1度使えば2度と使いたくない」そんなツールが

情報商材業界には、すごく多いけど、

僕が以前より紹介するツールは、

「パソコンを変えても永遠に使い続けたい」そう思える事が

一流なのです。



「あえて普段は手が出せないものに手をだして仕事をする。」



これだけでも不思議と気持ちが 大きく変わってくるものです。





これらだけの情報を見ても分かりますが、

2流、3流のものを幾ら揃えても、一流には、慣れない。



少なくとも、足手まといになる事は、免れないでしょう。





つまり多少無理してでも一流の道具やノウハウに目を向けて使う事で 違った結果になってくるのです。




最悪の物ばかりで仕事を頑張っても残念ながら最悪な結果しか生まれません。



運良く稼げても、その数字は、一流の物を取りそろえた環境と比較すれば

恐らく最悪の結果だったと言える筈です。





続いて、ノウハウについても言える事です。



一流の道具を持っても その使い方が分からなければ、結果も出せないです。





ちょうど僕も、先日こちらでも講座を打ち出しているのですが、

講座のコンセプトは、一流の道具を使った一流の稼ぎ方







既に、今まで駄目だった人までも数字を伸ばし始める事が

できている講座ですが、お金をケチる人では学べないものです。





でも一流のものを使い、一流の稼ぎ方をマスターすれば

一流と呼べるだけの収益、そして一流品に触れ合う事が可能になるのです。







今回 僕が伝えたい事は、もしも今後お金を稼ごうと思って

うまくいかないなら、お金が無くてもケチる事は、やめて

お金を多少使ってでも、一流なものに手を触れて欲しいという事です。





「とにかくお金を使いたくない!」





自分が稼げるようになる為に、1000円、2000円を出し惜しみする人は、

合理的に月に100万円程度のお金でさえも稼ぐ事は、不可能なのです。






楽そうなもの、簡単そうなものは、この業界には、溢れかえってますが

それらが、一流かと言えば、そうじゃないと思うんです。



そういったものの場合、何かに頼る要素がついて回るのですが、

常に お金を稼ぐには、自分の力のみで稼げるスキルと知識を身に付ける事。



唯一これが 自分を一流にする為の選択肢です。





それでは、勇人でした(^^ゝ




一流のノウハウと一流の道具を使った稼ぎ方とは…。
↓↓↓↓
一流の道具を使った一流の稼ぎ方





Genre:ビジネス|Thread:ネットビジネスコメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © ネットビジネス、情報商材で稼ぐ為の「基礎知識」と「間違いだらけ知識」マネースタイル【Money-style】  All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます